<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 最新プロジェクター事情 | main | 20万で最も綺麗!? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

デジタルWOWOW加入とNHK受信料不払

大分ややこしかった・・・・。
多分一般の方は何のことやら分からないことだらけだと思うが、
調べたことをUPしておく。

ポイント
1.デジタルWOWOWに加入(料金を払い)し、ハイビジョンで映画を録画して観る
2.NHKの受信料は払わない

この2点だけのことなのだが、これが案外難しい。

障害1--  放送法32条

この問題は、要は「アンテナ立ててると法律上契約する義務が発生してしまう」ということです。
皆さん面食らうかもしれませんが、逆に言うと「アンテナ立ててない人は法律上受信料を払わなくても良い」ということです。当然CATV(ケーブルTV)加入者は払う必要がありません。ですが、今回アンテナを立ててしまうと、法律上受信契約をする義務が発生します。こいつを突破し、デジタルWOWOWだけを室外にアンテナを立て堂々と観るにはちょっとした苦労が必要なようです。その他NHK受信料を払いたくない方はこちらが宜しいかと。


余談ですが、つい最近麻生太郎氏が”受信料未納者は法改正で払わせよう”と言っておりましたが、この受信料未納者には、そもそも契約を行っていない=受信料を払ったことの無い世帯は入りません。現段階で我が家は
アンテナは立っているが、契約はしない
状態に持ち込むつもりですので法改正も全く問題となりません



障害2 B-CASカード

こいつの問題点は、NHK未契約世帯のBS-NHK視聴時に画面にデカデカとメッセージを入れてくると言う非常に悪質な技術発展の使用方法です。こいつを突破する為には、BS-NHK見なきゃ良いんですが、実は録画したものにはメッセージが入らないらしいです。一挙に解決ですね(笑)。
その為、受信契約をしなくとも、リアルタイム視聴時にメッセージを消せるのかについては調べません。


障害3 家族が契約してしまう(一旦契約後の解約)
こいつは障害と言うほどではなく、懸念材料で良いかと思いますが、要は一旦契約(受信料払うと)すると解約(受信料払わない)するのが難しい。と言う話です。
解約するには、簡単に言うと「アンテナかテレビが壊れた」=受信できない状態になったとNHKに伝え、解約する必要があります。その際、アンテナの撤収を求められるかもしれませんが、これは可能ですが、めんどくさい作業なので勘弁してもらいたいですね。

一応書いておきますが、僕の立場は
観る物=デジタルWOWOWには金を払うが、
勝手に映っている(映像の押し売り)には払わない。
ということです。NHKの存続が心配・国民の義務などと言う払いたい方は払って頂いて結構ですが、ぼくは「映ってるんだから金払え」という“押し売り”に
払う金は持ち合わせていないだけです。
観ないのでどうぞ潰れて下さい。
そして、“押し売り”の存続ではなく、むしろ絶滅に向けて努力している方に金を払いたいですね。
ほーい * ホームシアター * 19:57 * comments(1) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:57 * - * -

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2011/01/21 2:44 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ