<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 中田引退に寄せて その | main | ダイオミラーについて >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

中田引退に寄せて その

中田の選手としての評価

良い点

・足りないものに自ら気付き、指導力の低い日本に生まれながら欧州で通用する選手に成長した(選手としてつぶれなかった)
・流れを見る目をもつクレバーな選手
・キープ力がある
・ファールの貰い方が上手い
・怪我をしにくい
・安定したパスが出せる(低いプレッシャーなら)


悪い点

・リーダーシップを望めない(責められることではないが)
・パスの受け手のことを考えない(強く単純なパスしか出せない)
・レスポンスが(前線では)遅い
・決定的な仕事が出来ない
・足が遅い
・スタミナがやや無い部類に入る
・守備が下手(年を重ねるに従い改善はした)
・攻撃のポジショニングが悪い(年を重ねるに従い悪化した)



中田の人間としての評価

(こちらはサッカーファンとして行為を逸脱しておこがましい事だと思うので可能な範囲で書いておく)

・マスコミに踊らされずスポーツ選手が自分のHPにて直接情報を伝達するという方法を初めて実現した。

・多くの海外選手が言葉を覚えない中、イタリア・英語などを習得し勤勉で頭が良い

・独自のファッションにこだわりおしゃれへの意識が高い

・サッカーだけに囚われず、人生を楽しむ多彩さが好感を持てる




総論

日本人サッカー選手としては、先端の現代サッカーを最も知りどんな相手であっても戦える選手である。
しかしそれは、「勝つ可能性のある試合が出来る」事とは違う。
生まれた国が違っていればより多くの実績を残せたかも知れない。
逆に強豪国に生まれれば代表にも呼ばれない選手の一人だと思う。
ブラジルについて話せば、代表に呼ばれない、「海外組」が700人以上居るのである。
それほど人間を「サッカー選手にする」力には各国の差がある。

個人的には彼の持ち味と言われる、パスに関して受け手に対し配慮する技術が足りない為好きではない。
受け手が「合わせるパス」ではなく「合うパス」でゴールをアシストするのが一流のパサーである。

ただ、彼のボールキープ力、全体を把握する試合感、ロングキックのそれなりの精度
ファールの貰い方が上手いなど良い点を上手くチームにマッチさせれば多くの仕事をする選手である。

引退は惜しいが、体力的に厳しくなるこれからのことを考えれば悪い選択とは言い切れない。
現代サッカーはより一層体力を求められるもの過酷なスポーツへと進化している。
これから中田のポジションでは、

・上がればチャンスになる「的確な読みと賢い運動量」の選手。(ネドベドやデコなど。)

・相手の攻撃を「最も効果的な方法」で妨害できる選手。(ガットゥーソやマケレレなど。)

が更に、どれだけ走れるか=顔を出せるか、を競う時代になる。




ほーい * サッカー * 15:41 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:41 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ